近年の交通事故被害者を困惑させる自動車保険の不払い問題の背景に何が?

日本ではその国民性もあって万が一のために保険を掛ける習慣があります。自動車を運転する場合の交通事故対策としての自動車保険も同じことでして、日本は比較的加入の多い国家であるにしても最近は保険会社自体の構造的問題を抱えていることも多いでしょう。

実は最近保険会社では被害者向け若しくは被保険者向けにおいて、慰謝料や保険金の支払いを拒否するケースが以前にも増してより顕著となっています。このような状況の大きな背景として、自動車保険の弁護士費用特約の存在があるとされているのです。

本来において、弁護士費用特約は保険会社が一定の保険料を確保するために導入された特約商品でした。しかし、これをきっかけに交通事故にて積極的に弁護士を活用する方が増えたことで、結果的に保険会社が支払うべき損害補償額がアップしていると言う状況があります。

このことは弁護士費用を無料にすることが出来る被害者には非常に便利なのですが、保険会社にとっては思わぬ負担増になっている現状になっているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加