特定の車両が不特定複数の人間に交通事故を負わせてしまったケース

多くの場所で起こる交通事故のタイプとすれば、車対車のタイプと人対車のものがあると言えます。このうち、人対車においては1台の車が複数の人間を交通事故に巻き込むケースがあるでしょう。この場合は親子連れの場合もありますし、横断中の人ごみの中で起こることもあるのです。

しかし、この場合に少々気になるのは損害賠償がどのような形になるのかです。この損害賠償については、至ってシンプルでして事故に遭った1人1人がそれぞれ事故車を運転していた加害者に対して損害賠償請求が出来ることになります。

それでも、個人ごとに損害賠償を掛けたのでは様々な費用が余計に掛かることになるのです。そのため、被害者同士が一緒になって行えば弁護士も1人で済みますし、損害賠償請求の手続きも1人で行うことにおける不安も大幅に解消されることになるでしょう。

もちろん、この際に支払うべき弁護士報酬は各個人が獲得した損害賠償額から一定率で徴収されることになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加