交通事故で事実婚の女性にも家事での利益が認められる!

日本の社会では結婚というと法律に基づいた正式な法律婚をするのが普通でしたが、最近では様々な事情があって事実婚で生活する夫婦も多いものです。それは、一部の法的手続きやサービスを除いて日常生活には支障が無いからだと言われていまして現在では急増しています。

実際のところ、このような事実婚の状態の女性が交通事故に巻き込まれると言う事も大いにあります。この女性が就業していれば、婚姻状態の有無を問わずに損害賠償請求を加害者の方にすることが出来ますが、事実婚で専業主婦だった場合は時折主婦としての休業補償や逸失利益の支払い拒否等が起こる場合もある分けです。

しかし、最近の傾向としてはキチンとした専業主婦としての実態のある事実婚であれば補償がされることは多くなります。それでも単に同居している状況では事実婚と認められないことも多く、婚約をしているなどの何らかの証明は必要になるでしょう。まずは弁護士に相談して見ることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加