交通事故被害者の治療中に保険会社が日に日に態度が横暴になる理由

交通事故に巻き込まれますとかすり傷で済むのであれば大変ラッキーな方でして、その多くは仕事にも影響が出るほど治療を強いられて行くことになります。この時に被害者であれば治療費の捻出を加害者側の保険会社を通じてしてもらうことになりますが、最初は笑顔の多かった保険会社の担当者も次第に横暴で理屈が通らなくなって行きます。

それは、加害者が今まで払い続けた保険料の合計と被害者の治療費においてマイナスにならないように常に監視しているからでして、被害者の治療が長引くほど治療費が嵩んで行く事情を見れば保険会社の担当者が少しでも早く治療費の支給を打ち切りたいのは手に取るほど分かるのです。

保険会社は自賠責分に抑えれば保険会社からの出費はゼロになるので痛くも痒くもありませんが、これを超えると担当者は人が変わったように不機嫌になります。そのため、担当者が横暴な態度に出始めたら、かなり保険会社焦っていると見做すべきで弁護士対応で早めに交渉を委任した方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加