子供の急な飛び出しではねてしまった自動車交通事故の処理ケース!

日本では少子高齢化と言う事情もあって、子供の事故と言うのは割と減少傾向にありますが子供の飛び出し事故はまだまだ一定程度の案件が存在しています。例えば学校近くの車道などはいつでも発生しやすい状況にあって、ドライバーは常に注意を払わなければなりません。

しかし、子供の飛び出し事故も飛び出した場所によって子供の過失割合が違うとされ、これは主に2つのポイントによるとされています。それが、子供の危険認識能力と横断歩道上での事故になると言えるでしょう。

ドライバーにとって子供を運転中に交通事故ではねると言うのは非常に大きな問題になることが多いのですが、横断歩道上で起きますと基本的にドライバーの過失が一段と高くなります。それは、横断歩道では歩行者がいると分かったら基本的に停止義務があるからなのです。

それでも、子供の飛び出しも子供自身が危険を認識していたかどうかも重要な要素ですが、弁護士によると5歳を超えるくらいになりますと子供の過失が認められるケースが多くなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加