交通事故で保険会社が勝利する割合とは?

最近は交通事故が引き起こされると弁護士を使った折衝もメジャーな方法として認識されるようになって来たのですが、実際のところ交通事故に遭った方のほとんどは弁護士を利用することがありません。

これにより、日本における交通事故の被害者の実に90%がもともと獲得すべき損害賠償補償額よりも低くなっていると言われていまして、いわば90%以上の案件にて保険会社が勝つと言うことになる分けです。

その大きな原因として、被害者自身が被害の状況に応じた適正な示談額を知らないことや保険会社が嘘を言うはずがないという思い込みが挙げられます。

また、被害者も自己の治療について頭が一杯なことや出来るだけ早く処理したいと言う精神的なストレスもあって保険会社に言われるままに示談に応じてサインしてしまうことでしょう。

しかし一旦示談書にサインすると、後々に弁護士によって訴訟に発展しても覆されることは非常に難しいので当初より弁護士によって処理を行ってもらう必要がある分けです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加