交通事故では一見高く見えて安く見積もられた示談額が!

今の時代誰でも遭う可能性が高い交通事故ですが、その賠償請求となりますと被害者は対加害者と言うよりも対保険会社という意味合いが大変強くなります。交通事故において、保険会社が被害者の治療をマメに確認して積極的に連絡を取って来て示談を進めてくる状況では通常保険会社基準の金額が記載された慰謝料が記載されて来ます。

慰謝料の多く場合は何百万と言うキリの良い数字ではなく、何百何十何万と細かい数字で提示されるのが基本です。そのため、被害者によっては提示金額ついて安く感じないものの端数分が如何にも低く感じることもあって切り上げてくれると示談に応じると言うケースもあるのです。

ところが、弁護士の介入していない示談書は基本的に本来獲得できる半分にも満たないことが多く、端数分を切り上げたとしても保険会社からしてみれば大変お得な示談金額になってしまいます。この時の金額が適正なのかを被害者はほとんど判断出来ませんので、弁護士を雇用していないばかりに保険会社のシナリオ通りに運んでしまうことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加