交通事故で揉めがちな加害者が在日外国人の処理は?

交通事故件数はそれほど増えていないものの、悪質な交通事故はむしろ増加しているとされる日本社会ですが最近では在日外国人による案件も多くなっています。日本では国際免許から日本免許への切り替えも珍しくないのですが、それと同時に日本の交通法規や常識などを全く知らないケースも多くなっているでしょう。

かなり多いのが自動車保険を掛けていなかったり、交通事故を起こしても平然と通報を積極的に行わなかったりなど国民性の違いによるトラブルが耐えません。特に外国人は保険に入ることを嫌うので、被害者にとっては大変頭の痛いケースになります。

もし、このようなケースになりますと慰謝料に関しては加害者に請求することが実質的に困難となり、本人特約を使わなければ治療費なども捻出できないこともあるでしょう。ただ、弁護士を先ず雇うことで加害者自賠責からの補償を有利に受けられる他、在日外国人であっても不法行為で訴えることが出来ますので解決策がない分けではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加