交通事故ひき逃げ犯への一般的な弁護士の対処方法!

交通事故の中で最も悪質で非道なものと言えばひき逃げになりますが、基本的にひき逃げ犯が逃げる理由は任意保険に加入していないケースが極めて多く、更に飲酒などの何らかの身体的なコントロールを喪失させる原因を孕んでいることが多いのです。

そのため、交通事故を専門に扱う弁護士の多くは単にひき逃げによる金銭的賠償はもちろんのこと、加害者を刑事罰で重く処罰させるように被害者から意向を確認してすべての手続きを進めて行きます。

基本的に加害者の厳罰化は被害者側が厳罰を望まないと訴訟結果に反映されないこともあるため、被害者側の感情的な無念さを訴訟に取り入れていくことで損害賠償額の有利さと加害者の重刑達成を求めていくことになるでしょう。

ひき逃げの場合は意外なほど加害者に反省の念が無いことも多いので、被害者またはその遺族にしてもかなりの心労やストレスに悩まされることも珍しくありません。弁護士はこのような境遇も的確に訴訟に生かしていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加