交通事故における自賠責後遺障害ランクの併用での弁護士手腕!

交通事故において多くの被害者は様々な部位にダメージを受けて、後遺障害を残されることもあるでしょう。しかし、後遺障害も時として1種類ではなくて、複数の症状が同時に発生していることも珍しくありません。その場合は1番重い症状と2番目の重い症状との併合が認められて、後遺障害等級もアップすることが考えられます。

被害者が医療機関に通院して治療をする段階で、複数の症状に悩む場合は迷わずに弁護士に相談することが適切です。一般的に経験のある弁護士事務所ですと被害者の複数の後遺障害の状況でどの程度の等級併合が期待できるかを見積もることが出来ることでしょう。

実際に日本全国の併合判例も理解していることから、その後の訴訟への発展も含めて様々な被害者に有利な材料を集めてくれるのです。通常、弁護士を活用することで弁護士基準での慰謝料を勝ち取ることができることから、併合による後遺障害ではかなり高い金額の慰謝料を認められるケースが多くなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加