交通事故に良くある子供の飛び出し案件での弁護士処理!

最近は子供の集団登下校の列に車が突っ込むという痛ましい事故が増える中、昔から子供の急な飛び出しによる交通事故は相変わらず多くなっているのです。

子供を路上で交通事故に巻き込んでしまった自動車やバイクの運転手は基本的に重い損害賠償責任を負わされることも多いのですが、残念ながら判例では子供の過失を考慮することが出来るとされます。

子供が横断歩道上に急に出てきた場合はドライバーが停車義務を行ったと見做される場合もありますが、それ以外の小学校に上がる前の5歳児6歳児程度になりますと危険のための判断能力、つまり道路に飛び出しては危ないということを認識しているべきだと訴訟で示されたケースもあるでしょう。

子供の案件の場合は過失割合が大きな争点になって弁護士を通して加害者側と交渉しないと子供が被害に遭っているのに大変不合理な損害補償しか受けられないことになりますので、必ず弁護士を雇用して有利な示談に持っていくことが望ましいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加