交通事故治療に健康保険が使えないってホント?

交通事故治療で健康保険が使えないという誤解が多いようです。交通事故のような法令違反が原因で怪我を負った場合は保険が使えず、全額(10割)負担しなければならないというのです。

これは大きな勘違いです。被害者は自分が加入している保険会社に連絡して「第三者行為による傷病届」などの必要書類を揃えて病院の窓口で提出すれば、健康保険を使って3割負担で済みます。

被害者が立て替えた3割は、通院交通費などの実費も含めて保険会社に請求すれば戻ってきます。交通事故治療でも健康保険が使えるということを単に病院の窓口担当者が知らない場合もありますが、病院の経営方針として保険治療を認めないところもいまだにあるそうです。

保険制度は保険会社に聞くのが一番かも知れませんが、担当者によってはご存じないこともあります。治療費が高額になる場合、被害者が10割負担で立て替えることは厳しいので、交通事故に詳しい弁護士に相談して保険治療が受けられるようにアドバイスを受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加