弁護士に相談するメリットについて

自動車事故が発生した時に、弁護士に相談することには実際のところメリットがあるのでしょうか。メリットはあります。まず、大きなメリットの一つに賠償額が増額する、というメリットがあります。最初から賠償額というお金の話をすると、お金のことは良いのだけど、と思われるかもいるかもしれません。しかし実際に、交通事故にあったとき、このお金の問題が最も大きなストレスになります。たとえば、交通事故によって起きた体調不良の症状が治っていないのに、治療費の支払いを勝手に止められてしまう、というケースはよくあるケースです。保険会社からはそんなに長引くのですか?といった不信がられる対応をされたりすると、本当に嫌な気持ちになるものです。保険会社はもちろん保険金の支払いを少しでも少なくしたい、と考えています。支払う保険金を少なくすることで利益が上がるからです。しかし、裁判所が考える保険金の基準は違います。つまり、過去に裁判所が判例として示した賠償金の額は、一般的に言って保険会社の示す賠償額よりも高い判例が出ています。しかし、保険会社から出される賠償額の算出額に関する計算書のようなものを見せられると、納得せざるを得なくなってしまうのではないでしょうか。弁護士はこうした裁判所の基準を知っていますので、それに基づいて必要な賠償額を得られるようにサポートしてくれます。そういう意味で弁護士に依頼することは大きなメリットがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加