大雨洪水警報中の運転!交通事故に巻き込まれた場合の過失?

日本はここ数年で異常気象が発生するリスクが一気に高まったと言われ、実際に日本ではゲリラ豪雨などが記録されるなど記録的な大雨が降ることも多いです。

一般的に天災から車両の故障などが引き起こされますと保険会社は免責になることが多いのですが、大雨の中における通常走行における交通事故などに対しては保険が適用されます。

しかし、大雨洪水警報などの天候における危険情報が発せられた場合、この状況で車を運転して万が一交通事故に巻き込まれますと、損害賠償を保険会社に請求しても警報時に外出に対して過失があると指摘されることもあります。

悪天候時に敢えて車を運転する行為は、保険会社側から指摘される要因になります。

天候が著しく悪くなると分かっている状況ですと、仕事などになると仕方がないですが無理に出かけないことが重要ともいえるのです。

事故がおきやすい状況であれば、無理せず、運転をしないというのが、安全です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加