マイカーで車道走行中のスリップによって歩行者を傷つける交通事故!その責任は?

日本は狭いようで地理も複雑な国土を持ちます。それによって、マイカーが無ければ日常生活も全く成り立たないような場所もあって、いわば日本社会には自動車は大変重要なアイテムとなっているのです。しかし、交通事故ケースは数自体が減って来てはいるものの、どんなに時代が変わってもまだまだ相当数が存在しています。

その中で意外に多いのが路面のスリップによる交通事故だと言えるでしょう。このようなケースで衝突などの交通事故を引き起こした車両は意外に過失を問われることも多く、路面上のスリップ原因が一般的に見て予想できない状況でもない限りは一定の過失は避けられません。

弁護士に依ると大雨・大雪などの自然の要因は、時として道路封鎖や迂回の指導をされることもあります。しかし、ドライバーにも天候の状況によって運転すると危険度はどの程度のものか考慮することは可能です。そのため、路面のスリップ事故は損害賠償についてかなりの確率で過失相殺が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加