自動車保険はあくまで交通事故の金銭的な補償手段!精神的な補償は容易ではない

自動車の絡んだ交通事故に成りますと、その多くで自動車保険が適用されることになるでしょう。しかし、多くの当事者は自動車保険によって損害賠償がなされれば万事めでたしと思い込んでいる方も少なくありません。弁護士によると自動車保険による損害賠償は、あくまで加害者側の苦痛や健康回復を金銭によって補償する方法です。

深刻な交通事故になるほど金銭的補償だけでは被害者の納得も得られないのが一般的でして、加害者にとってこれだけでは精神的補償などが出来るのは程遠い状況になります。自動車保険に入っていない加害者ほどこのような感覚に極めて乏しいことが挙げられるでしょう。

実際上、加害者が自動車保険で損害賠償をしても被害者側の思いが収まることは非常に少なく、事故の深刻さによっては加害者が交通刑務所に入らなければならないことも多くなります。いずれにしても、交通事故にて重大な人身事故を引き起こした場合は自動車保険だけの補償では済まないことを覚えておかねばなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加