勢力を増す通販型の自動車保険!意外に被害者のための対応力が大きい?

日本では数多くの自動車保険商品を提供する損害保険会社が存在するものですが、最近は従来の店舗型の保険会社だけでなくて通販型若しくはネット型の損害保険会社も日に日に勢力を増して来ています。

かつての通販型の自動車保険は、ハッキリ言って保険料が安いだけで対応力は非常に拙いものでした。交通事故が起こって基本的に保険の担当者が事故現場に来てくれるなどの対応はしてもらえないことが多かったのです。

しかし、弁護士に言わせると最近の通販型保険はパワーアップして来ていることもあって、事故現場対応を進めてくれる保険会社も増えて来ています。これは保険業界内での競争が一段と激しくなったと言うことも意味しますが、同時に従来の店舗型の保険会社のサービスと大差がなくなっているとも言えるでしょう。

通販型保険の担当者も店舗型保険から転職してきた経験豊富な人材も非常に多くなっていることから、特に被害者への対応力は大きく向上していると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加