交通事故の自動車保険担当者には意識的に知識の無いものを採用していることも!

何事もない毎日にて、惰性で車を運転していますと交通事故に遭う確率も非常に高くなって行きます。被害者になると何らかの健康的ダメージに苦しむことが多くなりますが、この場合は加害者の保険会社と交渉することになるでしょう。しかし、意外にもこの保険会社における交渉相手は専門的な知識を持たない者も居るようです。

これは保険会社が意図的にこのようにしていることもありまして、交通事故に関して生半可な知識があるよりもむしろ何も知らずにマニュアルに従って被害者と対応することの方がむしろ都合の良いことがあるでしょう。特に、被害者が弁護士を雇っていない場合は被害者側の保険会社が交渉を行ってくれますが、被害者側の保険会社は交渉しても何の損得も無いために加害者側の保険担当者がビギナーであっても話が縺れることもありません。

そのため、このようなマニュアル主体の保険会社の担当者対策には早い段階での弁護士投入が求められることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加