てんかん質のドライバーによって引き起こされた重大交通事故の処理ケース!

最近は様々な原因いろんな方が患うことも多い『てんかん』ですが、基本的には脳神経の異常等にて筋肉・意識に継続的に障害を来す状態を指します。最近は、てんかん質の人が車を運転することによって交通事故を引き起こすケースも増えていて、その多くは死傷者を出す大惨事になることも多い分けです。

てんかんの発作と言えば全身の筋肉が硬直したり、突然意識を失ったりと運転には大変差し障りのある症状ばかりです。弁護士によると基本的にてんかんを患っていると分かっていながら車を運転し、実際に交通事故を引き起こした場合はその過失が重くなる可能性が高くなるでしょう。

また、てんかんは現在のところ治らない症状と言う分けでは無く、医療機関から抗てんかん剤によってコントロール出来れば通常の運転は可能になるのです。そのため、日常的に薬を飲んで運転するなどをすれば問題は無いですが、万が一飲み忘れて発作を起こして事故に至った場合は大きく過失が問われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加