交通事故における自動車保険と共済ってどんな違いがあるの?被害者に有利なのは?

日本では万が一交通事故に遭った場合は自動車保険を使って相手方に損害賠償を請求することも出来ますが、その他にも自動車共済と言う制度がある事でしょう。しかし、この自動車保険と共済は一体どのような地祇があるのでしょうか?

交通事故に関する各種の損害を補償すると言う意味では、保険も共済もそれほど大きな差異は無いと言えます。それでも、弁護士から見るとトータルで見ますと共済は保険よりも毎月の掛け金つまり保険料が安くなることが一般的です。よって、どちらを使っても損害賠償に対する慰謝料にも影響が出来ないとされています。

ただし、共済は保険とは異なって共済団体の運営が困難になって行きますと、保険会同士で契約者を保護する仕組みがないので共済の契約内容自体が破棄される危険は持っているのです。そのため、自動車における損害賠償においてはコスト面であれば共済を選ぶ方が良いですが、運営の安定性と言う意味では一般の損害保険を選ぶ方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加