ツーリング集団の走行妨害によって交通事故が引き起こされたケース!

日本は地形も非常に複雑ですのでバイクでツーリングする方も非常に多く存在しています。最近はハーレーダビットソンの集団走行も見ますので、意外に自動車にとっては走行の邪魔になることも多いでしょう。

基本的に原付バイク以上のバイクは自動車と同じように走行能力がある分けですし、狭い道であればあるほどバイクの方が走行スピードも速くなることもあるのです。この場合は、自動車は後方からの車両に抜かせることも可能ですが、逆にツーリング集団が低速で前方を並走していて自動車の走行を遮ることも珍しくありません。

この際に、ツーリング集団の一部が転倒していうと後方走行の自動車を巻き込んで交通事故を起こすこともあるでしょう。この場合の過失はバイクを運転したライダーにあるのが一般的ですが、弁護士によるとここで気になるのは後方走行していた自動車がバイクに対して車間距離を詰め過ぎているとここで過失を問われることもあると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加