交通事故の自動車保険で対人補償に制限額を設けていると悲惨な目に!

交通事故でも人間の絡んだ人身事故になりますと、多くは健康的被害を負うことになりますので対人補償で損害賠償を行わなければなりません。

それでも、一部の加害者になると自動車保険の任意保険に加入していてもなぜか対人補償について上限額を設定していることもあって、これは本来保険会社も推奨はしていないのですが加害者の方で保険料をケチるための方法なのです。しかし、これが交通事故を起こしてしまった場合に加害者を悩ます大きな要因となって行きます。

今や自転車で人をはねた事故であっても1億円近くの慰謝料が請求される時代でして、保険料を節約して対人補償額を3,000万円から5,000万円などに設定していても到底足りなくなることが考えられるのです。

任意保険さえも掛けていないドライバーと比べればまだましですが、対人補償で制限額を設けると加害者になった場合に悲惨な道をたどる可能性が高くなるでしょう。弁護士から見ても、自動車保険を掛ける際には費用を安くしても穴の無い掛け方が求められるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加