路上における花火が引火して乗用車の交通事故に発展するケース!

夏になると街に出ますと様々なトラブルが出てきまして、自動車の交通事故でも一風変わったタイプもあります。それは花火の絡んだ交通事故でして、イベントによっては路上で花火や爆竹を放つものも存在しています。

この場合に自動車が走行している傍で行われることもあるので、非常に気持ちが高揚したイベント参加者の中には車の真近くで爆竹などを放つこともある分けです。このケースで滅多にないですが、引火して車が炎上する場合もあるでしょう。

仮に参加者の爆竹で自動車に引火した場合は、厳密に言えば参加者が業務上過失罪に問われることもあります。しかし、複数人数がいる場合は犯人の特定が難しくなるので、弁護士によるとイベント開催に際して道路を封鎖しておかなかった主催者などが罪に問われることになるケースもある分けです。

夏は日も高くて交通事故が起きにくいと思われがちですが、暑い日の続く季節だからこそ意外に多くの交通事故が存在していると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加