気を付けたい自動車保険で損害賠償が適用されなくなる交通事故のケースは?

一般的に自動車保険は自賠責保険と任意保険の二重構造によって成り立っていまして、自賠責だけでは十分な補償がなされないことが多くなるのです。そのため任意保険に加入するのは非常に重要なことなのですが、交通事故ケースによっては損害賠償がなされなくなると言うケースもあります。

例えば、保険契約時における登録している車種から異なる車種へ変えた場合は、必ず保険会社に連絡しなければなりませんがそれを行わないまま事故を起こしてしまう方も居るようです。この場合は、保険内容に記載している車種とは異なるわけですから、当然保険会社から損害賠償などを支払ってもらうことは出来ません。

また、事故を起こしやすい状況(飲酒・薬物・疾病)での運転を故意に行ってしまうと、搭乗者傷害や人身傷害保険の本人補償で保険金が下りないことが一般的です。しかし、この場合は被害者側に対しては損害賠償がなされることに成るでしょう。弁護士に言わせると、運転をするためには必ず保険が下りる条件を整えておくことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加