雨の日に歩いている歩行者が滑って走行中の乗用車にはねられた交通事故ケース

夏などが本格的に始まる前になると雨が良く降るものでして、そのような状況では歩行者も道路を歩きにくい事が少なくありません。特に歩道の無い車道もあるものですから、白線に沿って歩いている歩行者をドライバーが確認しにくいのも雨の日に良く起こり得ることです。

そのため、雨が酷い日になりますと歩行者が歩いている最中に転倒することもあって、それを車がはねてしまう交通事故もケースとしてはとても多く存在しています。この場合は歩行者も滑って転倒したことによる過失も認められるかもしれませんが、雨の日に歩行者に配慮しながら良く見て運転することを怠ったドライバーの過失は多く減らされることは無いでしょう。

この場合に歩行者側が弁護士を着けて交渉に臨むことは大いに考えられますので、雨の日の運転で交通事故が万が一起こってしまうと歩行者の健康的ダメージによっては莫大な慰謝料を請求されることも否定できません。必ず法定速度で注意深く雨の中を走行してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加