交通事故の損害賠償で失敗するのは自動車保険の加入内容がまずかったから?

自動車の交通事故の対策として、多くの方が自動車保険を活用されています。この自動車保険はドライバー自身の様々な負担を軽減してくれるものです。しかし、被害者が損害賠償について相手側の保険会社に単独で行うと失敗することが多くなります。

これは保険会社自身の体質の問題でして、基本的に自身の保険会社は事故時に相手側と交渉を代行してくれることになりますが、被害者側の保険会社は示談代行も非常に不真面目です。それは自分たちがお金を払う必要が無いためです。

加害者側の保険会社は慰謝料を払う立場ですから、必死になって被害者の過失を追及して支払いを逃れようとします。そのため、交通事故被害者は自分と相手側の保険会社に蔑ろにされることも多くなるでしょう。

よって保険会社で契約した保険内容自体は問題なかったのですが、必要な補償を果たそうとしない保険会社が非常に多いことが問題となります。したがって、ここでは弁護士を雇わなければ被害者が自滅してしまうことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加