交通事故における社内での子供の怪我!チャイルドシートの利用有無が過失割合に影響!

最近はワンボックスやミニバンなど、家族で行楽地やドライブに出かけるのに非常に便利な車両タイプも人気です。しかし、路上でそのような車両を見掛けますと非常に危険な状態も見かけることがあります。それは小さな子供を乗せている場合に、シートベルトやチャイルドシートも着けずに走行しているケースもあるわけです。

しかし、この状況はハッキリ言って迅速に改善しなければなりません。それはいざ交通事故が巻き込まれて、搭乗者としての子供が健康的被害を負った場合はチャイルドシートをしていなかったことによる過失が損害賠償額相殺される可能性が高くなるからになります。

それは保護者がどんなに安全運転をしていても、加害者からの対人補償と言う観点から見るとチャイルドシートにきちんと固定していなかったことは被害者側の過失だと指摘される十分な材料となるからです。

保護者の中には子供が泣くからなどの理由でチャイルドシートを使わないこともあるようですが、弁護士が言うには万が一の際に不利になって行きますので注意が必要と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加